This website is available for multi language.
Use image
Use image
Use image

概要

IFTTTを経由して、温度センサのデータを定期的にGoogle スプレッドシートに保存します。
パーツライブラリにある多様な温度・湿度センサに対応しています。

記録される値

  • 日時
  • 温度

追加情報

  • バージョン : 1.0.0
  • 更新日 : 2019年11月19日

問題を報告

準備するもの

  • obnizBoard
  • 温度センサ
  • モバイルバッテリー
  • Googleスプレッドシート(Googleにアカウント登録)

IFTTTでの設定

  1. Create your own - IFTTTから、自分のアプレットを新規作成します。
  2. This には、WebhooksReceive a web request を指定します。ここで付ける Event Name はWebAppの設定に入力します。
  3. That には Google SheetsAdd row to spreadsheet を指定します。初回は Google アカウントとの連携のために、Google アカウントへのアクセスの許可を求められます。またオプションで、スプレッドシートのどの列に何を記録するかや、保存先フォルダを指定することができますが、変更の必要はありません。
  4. Do more with Webhooks - IFTTT 右上の Documentation から、Web リクエストのキーを確認することができます。このキーはWebAppの設定に入力します。

接続方法

対応しているセンサとその接続方法は、それぞれ以下の通りです。必ず下記のピンアサインを確認した上で、正しい向きに接続してください。

アナログ温度センサ

LM35DZ, LM60, LM61, LMT87, MCP9700, MCP9701

アナログ温度センサLM35DZ, LM60, LM61, LMT87, MCP9700, MCP9701の場合は、以下のように接続してください。

{ gnd: 0, output: 1, vcc: 2 }

アナログセンサの接続方法

S8100B, S8120C

S8100B, S8120Cの場合は、以下のように接続してください。

{ gnd: 1, output: 0, vcc: 2 }

SHT31

秋月電子のモジュール AE-SHT31 に合わせたピンアサインです。

{ vcc: 4, sda: 3, scl: 2, adr: 1, gnd: 0 }

BME280-AKIZUKI

秋月電子のモジュール AE-BME280 に合わせたピンアサインです。
I2C方式で通信するため、J3をジャンパ接続する必要があります。
ただし、パーツライブラリの説明のように、直接接続はおすすめできません。

{ vio: 5, gnd: 4, csb: 3, sdi: 2, sdo: 1, sck: 0 }

BME280-SSCI

スイッチサイエンスのモジュール SSCI-022361 に合わせたピンアサインです。
ただし、パーツライブラリの説明のように、直接接続はおすすめできません。

{ vio: 0, vcore: 1, gnd: 2, csb: 3, sdi: 4, sck: 5, sdo: 6 }

BME280

その他のBME280モジュールを使う場合にご利用ください。

{ vio: 0, gnd: 1, sck: 2, sdi: 3 }

DHT12

DHT12の場合は、以下のように接続してください。

{ scl: 0, gnd: 1, sda: 2, vcc: 3 }

サーバーレスイベントの登録

obniz開発コンソールのメニューから サーバーレスイベント を選びます。このWebAppを指定し、きっかけとして 繰り返し を選びます。30分おきなど、センサの値を記録したい間隔を指定してイベントを作成してください。

Google スプレッドシートでの確認

初期設定では、Google ドライブに IFTTT というフォルダが作成され、その中に作成されるスプレッドシートに、時刻やセンサ値が一行ずつ記録されていきます。

IFTTTの仕様で、スプレッドシートの更新が数時間遅れることがあるようです。その場合はIFTTTの My Applets から作成したアプレットを選択し、Settings にある Check now をクリックすると、溜まっていたデータが一気に更新されるようです。

その他のアプリ

A/Dモニター

11chのA/DをモニターするWebAppです。 バーと線グラフでobnizにある11のioの電圧を表示します。

HTML センサ 開発ツール obnizBoard

サーモグラフィー

温度センサを使って、サーモグラフィーをブラウザ上に表示します。

HTML センサ 開発ツール obnizBoard

トイレに誰かいますかセンサー

オフィスのトイレが1つしか無いときなど、誰かいるか知りたくなりますよね。 人間などを検知するセンサー、EKMC1601111を使ってWebからトイレに人がいるのかを確認できるようにしました。

HTML センサ obnizBoard

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム