今すぐ購入

obnizで始めるEaaSとインターネット電子工作

obnizはWifiにつないでおくことでobnizクラウドにつながり、インターネット経由で操作できます。 電気のON/OFF, また全てのIOで1Aまで流せるので、モーターも直接繋げばすぐにインターネットから操作できます。 もちろんUART/SPIなども充実。 好きな言語からAPI経由で利用でき、特にjavascriptから使えば、HTMLでのUI連携やnodejsでの他のサービスと回路の連携も思いのまま。 QRをスキャンするだけでWebエディタが開き、アプリやケーブル不要でスマホからでもすぐにプログラムを始められます。

あなたが初心者か先生ならこちらを
アプリ不要!Webでもプログラム
たった 3 ステップ!

まずは触ってみましょう!プログラムを始めるのも超簡単!
表示されるQRをスキャンするだけでプログラム画面が開きます。
アプリのインストールは不要です。


  1. obnizをWiFiにつなぎます
  2. 使いたいモーターやセンサーをつなぎます
  3. スマートフォンでQRコードをスキャンでプログラムページが開きます

Javascriptからobnizを操作

sdk ( obniz.js ) を使えばとても簡単。まずはインクルード
<script src="https://unpkg.com/obniz/obniz.js">
nodejsならnpm install obniz
idさえあればどこにあろうとオンラインなobnizに接続できます!まるで電話のようなものです。もちろんセキュリティ機能もあります これでどれだけ簡単にIoTができるでしょうか。1つのプログラムから複数のobnizを操作するのも、Webページのボタンから家のドアの鍵を開けるのもとても簡単です。 また、HTMLをすぐ書けるようにオンラインエディタの用意もあります。プログラムを始めるのに何の準備もいりませんし、レッスンもたくさん用意しています!



<button id="on">ON</button>
<script src="https://unpkg.com/obniz/obniz.js"></script>
<script>
var obniz = Obniz("1234-5678");
obniz.onconnect = async function(){
  var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});

  $("#on").onClick(function(){
    led.on();
  })

}
</script>

ブロックプログラミング

まだキーボードに慣れていないあなたでもこれなら大丈夫。 シンプルな動作から、条件分岐など、ブロックを並べ替えるだけでプログラムできます。 もちろんアプリ無しでWeb上から利用できます。 ブロックプログラムがあなたの決めたルールに従ってobnizをインターネット経由で操作します。 LEDやサーボモーターなどいくつかの部品も標準で対応しています。




HTTP/Websocket API

APIを直接使うことで、あなたの好きな言語から操作できます。REST API
POST https://obniz.io/obniz/{obniz_id}/api/1
又は、 Websocket なら双方向通信が可能です。
wss://obniz.io/obniz/{obniz_id}/ws/1
obnizのIPを知る必要はありません。wifiに繋いでおけば良いのです。 詳しくは API ドキュメントjson フォーマットドキュメントをご覧ください。




クラウドをもっと活用

obnizのクラウドにはまだまだたくさんの機能があります。

アカウントから、たくさんのプログラムや自作パーツを作成

REST/Webhook APIで直接obnizを操作

デプロイしたコードをWebhook/スケジューラでクラウド実行


ハードウェア


全てのIOで1A

obnizの12あるすべてのIOで5vの最大1Aの電流を流せます。
モーターだって、ただobnizにさせばいいのです。

ピンアサインはありません

obnizでは12ある全てのIOで、A/D、UART、SPIなどが利用できます
「このピンにできてこのピンにできないこと」はありません。
使いたい部品はさすだけ。あとはソフトで設定すればよいのです



5Vと3Vは切替可能

出力電圧5Vと3Vをピンごとにプログラムから切り替えられます。
さらに、プッシュプルとオープンドレイン、内蔵プルアップダウンもピンごとに設定できます。



BLEやOLEDも使えます

obniz上のディスプレイもあなたのプログラムからも自由に使えます。
文字を出したり、絵を出したりできます。
また、基板上のスイッチの他にBLEもプログラムから使えるので、近くにあるBLEデバイスもobnizと接続しておけばインターネットから操作できます。



過電流保護

配線を間違えることはよくあることです。 obnizではショートした箇所の電流を自動で停止します。
1Aモードでは常に過電流検出回路が監視を行っています。ショートでなくても電流の流れすぎで自動停止-自動復帰するようになっています。
また、そういった異常時にどのIOがどうなっているのかという警告画面が出るようになっていますので、初心者にも優しいです。

obnizの使い方


初めての電子工作に

obnizなら専用アプリも不要ですぐにプログラムできます。
さらに、obnizには部品ライブラリがあり、プログラムに1行追加するだけで液晶や温度センサーを使えます。
専用環境や専用プログラムではなく、プロと同じプログラム環境で開発できるので、学んだ知識はそのまま活かせます。
その上スマホやパソコンと最初からインターネット経由で連携しているので、はじめての電子工作でも最初からIoTプログラムが始められます。


Webからすべてを操作

HTMLを1つ用意するだけでobnizを使って何でも操作できます。
ページのボタンを押してモーターを回してカーテンを開けたり、エアコンをつけたりなんておてのもの
(例)
・モーターをつなぎラジコンにする
・自宅のエアコンをスマホで操作
・Webカメラの向きをWebから操作



AIやWebサービス連携

すべての言語、特にjs&Node.jsから利用しやすいobnizですからWebサービスとの連携も簡単です。
今まで別々の存在だった電球とFacebookをつないだり、人工知能とつなぐことも簡単です。
(例)
・ツイートされるごとに旗を振る
・温度センサーの値をDropboxに記録していく
・犬を見つけたときだけゲートを開ける



センサーの値をクラウドに集める

obnizにつながれたセンサーの値をクラウド上に収集するのもとっても簡単。
たくさんのobnizに温度センサーをつなぎ、町の温度分布を収集するのも1つのプログラムから実行できます。
(例)
・obnizに加速度センサーをつなぎWebゲームのコントローラーにする
・トイレに人がいるのかを液晶に表示
・侵入者がいたらサイレンを鳴らして写真を撮りDropboxにあげる



あなたのプロジェクトをオンライン化

すでに何かを作っているのならそのUARTの先をインターネットにしませんか?
obnizならブラウザで遠隔からあなたの回路にUARTを送って操作できます。いきなりスマホの画面にあなたの回路の操作パネルが出せるのです。
また、あなたの回路の状態を取得して確認することも出来ます。遠隔で電圧が大丈夫か確認したりしましょう。
UART, SPI, I2Cなどでobnizと回路を接続するだけでインターネットから何だってできます
(例)
・ArduinoとUARTでつなぎスマホで操作
・鉄道模型をスマホで操作し、運行状況を表示する

obnizを購入


取扱店舗



Media and





Funded on Jan 2018




特願2018-053008
CambrianRobotics inc.

東京都 新宿区 高田馬場1-31-8
高田馬場馬ダイカンプラザ925

info@obniz.io

Copyright © CambrianRobotics inc.