Meet obniz

クラウドに繋がったボード

obnizはWifiを使っていつもネットにつながっています。
obnizクラウドはobnizを操作するためのAPIやjs sdkを提供していて、
IO も ペリフェラル も 繋がれたLEDやモーターなどもインターネット経由で操作できます。

IoT プログラムをブラウザで

js sdkはブラウザとnodejsで動きます
今すぐHTMLでハードウェアプログラムを書いて動かしましょう!
obnizに表示されるQRをスキャンすればすぐにプログラム画面が開きます

<button id="on">ON</button>

<script src="https://unpkg.com/obniz/obniz.js"></script>

<script>
var obniz = Obniz("1234-5678");
obniz.onconnect = async function(){
  var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
  $("#on").onClick(function(){
    led.on();
  })
}
</script>

サーバーレスを Webhook/Timerで

obniz cloudにプログラムをデプロイすれば、Webhookやスケジューラによりプログラムのクラウドでの実行が可能です。

パワフルで柔軟な IO

全12 IOで1Aまで流すことが出来ますから、モーターもそのまま繋げられます。
そして"5vプッシュプル" を "3vオープンドレイン+プルアップ"などのすべての設定がインターネット経由で可能です。