Meet obniz

EaaS: Electronics as a Service

obnizはWifiを使ってobnizクラウドに常時接続します。
モーターやセンサーをobnizにつなぐだけで、あなたはどんな場所からでもすぐにクラウド経由で操作できるようになります。

obnizの機能

どんなものを繋げられるのか

最大1A流せるIOによりモーターなども直接接続できます。5v/3v切り替えやオープンドレインなどによりほとんどの部品や回路が利用できます。 もちろん UART/SPIなども利用でき、さらに電気的に繋がなくともBLE経由で装置を操作することもできます。

リモコンに使われている赤外線LEDをつなげば、照明などの家電も遠隔操作できます。 リレーを繋げば、コンセントのON・OFFもインターネット経由でできるようになります。

どうやってつかうのか

あなたのプログラムからobnizに接続してIOなどを操作できます。 sdkを使えばjavascriptから簡単に利用できます。HTMLの中でさえobnizにつないだ部品を使えるようになるのです。 現実世界に存在する部品や機械をプログラムの中のオブジェクトとして扱えます。それもインターネット経由で。

何に使えるのか

電子教育に

obnizを使ったプログラムを始めるのにアプリは不要です。 スマホでQRをスキャンすれば用意されたHTMLプログラムページを開けます。 環境構築を忘れ、ブラウザからいますぐIoTプログラムを始めましょう。 回路には保護回路も入っており、さらに検出できた配線間違いは表示されます。 javascriptならサンプルもインターネット上にたくさんあり、自分のものを他人に公開することも簡単です。

IoTに

obnizではファームウェア開発が不要です。 あなたは自分のプログラムの中に遠くにある現実世界の装置を登場させられます。obnizや繋がれた部品をどうしたいかを記載できるのです。 更に、複数のobnizに接続してデータを集めるのも、プログラムをUpdateして挙動を変えるのも一瞬です。

人工知能に

あなたの人工知能に新しい「目」や「足」を与えませんか? obnizはあなたのプログラムの中に新しいデータを提供できます。そのためにC++を勉強する必要もなく、あなたのプログラムの中から利用できます。 そして、解析した結果として、現実世界を動かすことができます。 膨大なデータを一瞬で集め、膨大な装置を一瞬で動かすことができます。