Solenoid

ソレノイドは金属のピストン付きのコイルです。

ソレノイドは電力を消費しますので、使うときは注意してください。
obnizに直接繋げられるのは小さなものだけです。
抵抗値が5オーム以上である必要があります。

obniz.wired("Solenoid", {signal, [, gnd]})

ソレノイドからでている2本の線をobnizにつなぎます。
通常極性はありません。

// Javascript Example
var solenoid = obniz.wired('Solenoid', {gnd:0, signal:1});
solenoid.click();

on()

ソレノイドをオンにします。
電流が流れ始めますから、ソレノイドは熱を持ち始めます。注意してください。

// Javascript Example
var solenoid = obniz.wired('Solenoid', {gnd:0, signal:1});
solenoid.on();

off()

ソレノイドをオフにします。

// Javascript Example
var solenoid = obniz.wired('Solenoid', {gnd:0, signal:1});
solenoid.on();
await obniz.wait(1000);
solenoid.off();

click(msec);

クリックのように オン->待つ(msec)->オフ と動きます。
msecの指定ががない場合は100msecとなります。

// Javascript Example
var solenoid = obniz.wired('Solenoid', {gnd:0, signal:1});
solenoid.click();

doubleClick(msec);

2度クリックします。

// Javascript Example
var solenoid = obniz.wired('Solenoid', {gnd:0, signal:1});
solenoid.doubleClick();


Found at :