LED

LEDは電流を流すことで光る半導体です。電球よりもずっと少ない電流で光ります。部品にはプラスとマイナスの端子があります。逆だと電流が流れず光りません。プラスの端子は「アノード」マイナスの端子は「カソード」と言われています。プラスの端子のほうが足が長くなっています(これは他の電子部品でも同じです)

obniz.wired("LED", {anode, cathode})

2本の足をObnizのピンにそれぞれ繋ぎます。LEDのプラス(足の長い方。アノードといいます)をObnizの0ピンに。マイナスをObnizの1ピンに繋いだ場合、プログラムでは以下のように設定します

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1}); // io0 is connected to anode, io1 is cathode
led.on();

もしLEDのプラスだけをObnizにつなぎ、マイナスはどこかのマイナスにつながっている場合は1ピンだけの指定でOKです

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0}); // io0 is anode. cathode is connected obniz GND other way.
led.on();

on()

LEDを点灯させます。

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
led.on();

off()

LEDを消灯させます

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
led.off();

output(value)

valueに従ってledをon,offします

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
led.output(true);

LEDを点滅させます。interval_msで指定した場合はその時間で点滅します。

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
led.blink(); // 100msec

LEDの点滅をやめます。LEDは最後の状態で止まります。

// Javascript Example
var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
led.blink();
led.endBllink();


Found at :