KXR94-2050

x,y,zの3軸加速度センサ
重力の向きや,どちらの方向に動いているかを知ることができます.

obniz.wired(obniz, {x, y, z [, vcc, gnd, enable, self_test]})

部品のピンをobnizに接続し、どこに接続したかなどを設定します。

name type required default description
x number(obniz io) yes   X軸の加速度の値が電圧として出力されます。
y number(obniz io) yes   Y軸の加速度の値が電圧として出力されます。
z number(obniz io) yes   Z軸の加速度の値が電圧として出力されます。
vcc number(obniz io)     電源です。5V。
gnd number(obniz io)     電源です。GND
self_test number(obniz io)     highにするとセルフテストモードになります。
enable number(obniz io)     lowにすると加速度の計測を無効化出来ます。

// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("KXR94-2050", { vcc:0, gnd:1, x:2, y:3, z:4, enable:5, self_test:6 });

sensor.onChange = function(values){
  console.log("x:" + values.x);
  console.log("y:" + values.y);
  console.log("z:" + values.z);
}

onChange = function({x: y: z:})

x,y,zいずれかの値が更新された場合に呼び出される関数を指定できます。
xyzはセンサーの出力値を元に計算された重力加速度となります。1であれば9.8m^2です。


// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("KXR94-2050", { vcc:0, gnd:1, x:2, y:3, z:4, enable:5, self_test:6 });

sensor.onChange = function(values){
  console.log("x:" + values.x);
  console.log("y:" + values.y);
  console.log("z:" + values.z);
}

onChangeX = function(value)

onChangeY = function(value)

onChangeZ = function(value)

X,Y,Z軸、それぞれの加速度が変わったときにのみ呼び出されます。
ある1つの軸方向の値しかいらない場合に利用すると便利です。

get()

今の加速度を3つとも取得します。
obnizに問い合わせることなく、obnizから届いた最後の値を取得します。

無限ループで実行する場合はwaitを入れる必要があります。

// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("KXR94-2050", { vcc:0, gnd:1, x:2, y:3, z:4, enable:5, self_test:6 });

while (true) {
  let values = sensor.get();
  console.log("x:" + values.x);
  console.log("y:" + values.y);
  console.log("z:" + values.z);
  await obniz.wait(30);
}

[await] getWait()

3軸の加速度情報を取得します。
obnizに問い合わせることで最新の値を取得します。

// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("KXR94-2050", { vcc:0, gnd:1, x:2, y:3, z:4, enable:5, self_test:6 });

while (true) {
  let values = await sensor.getWait();
  console.log("x:" + values.x);
  console.log("y:" + values.y);
  console.log("z:" + values.z);
}


Found at :