JoyStick

X軸Y軸とプッシュスイッチをもつジョイスティックです。出力がアナログ値の一般的なものに対して利用できます。

wired(obniz, {sw, x, y, vcc, gnd})

obnizと接続します。vccはジョイスティックの5v入力へ。gndはマイナスへ接続します。
sw: スイッチ
x: x軸のアナログ値出力
y: y軸のアナログ値出力
へ接続して下さい

注意!いろいろな製品があります!

ジョイスティックは製品によってピン配置が違うので注意して下さい。
例えば、obnizでよく使われるのはこのピンアサインのものですが

他にもこのようなピンアサインのものもあります。

photo of wired


var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:4, sw:0, y:1, x:2, vcc:3});

// or

var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:0, sw:1, y:2, x:3, vcc:4});

// and mores

onchangex(callback)

onchangey(callback)

それぞれX軸,Y軸方向へ動いた場合に呼ばれる関数を指定できます。

// Javascript Example
var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:4, sw:0, y:1, x:2, vcc:3});
joystick.onchangex = function(val){
  console.log(val);
};

joystick.onchangey = function(val){
  console.log(val);
};

onchangesw(callback)

ボタンが押されたり離された時に呼ばれます。

// Javascript Example
var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:4, sw:0, y:1, x:2, vcc:3});
joystick.onchangesw = function(pressed){
  console.log(pressed);
};

[await] isPressedWait()

ボタンが押されているかどうかを一度だけ取得します

// Javascript Example
var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:4, sw:0, y:1, x:2, vcc:3});
var isPressed = await joystick.isPressedWait()
if(isPressed){
  console.log("PRESSED");
}

[await] getXWait()

[await] getYWait()

X,Yそれぞれの傾きを一度だけ取得します

// Javascript Example
var joystick = obniz.wired("JoyStick", {gnd:4, sw:0, y:1, x:2, vcc:3});
var x = await joystick.getXWait()
var y = await joystick.getYWait()

console.log("x:" + x + " y:"+y);


Found at :