DCMotor

タミヤモーターやマブチモーターのような、
電池を繋いで回すような一般的なモーターです。プラスとマイナスはありませんが逆にすると逆に回転します。

photo of DCMotor

wire({forward, back})

モーターから出ている2本の線をObnizにつなぎます。どちらをどこにつないでもOKですが、プログラムで「前」と書いて後ろに動いたらあとで配線を逆にすると良いです。モーターをObnizの0と1番に繋いだ場合は以下のようにします

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor",  {forward:0, back:1});

forward();

モーターを回転させます。

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor", {forward:0, back:1});

motor.forward();

reverse();

モーターを逆に回転させます。

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor", {forward:0, back:1});

motor.reverse();

stop();

モーターを停止させます。

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor", {forward:0, back:1});

motor.forward();
setTimeout(function(){
  motor.stop();
}, 1000);

move(boolean)

directionに合わせて指定した方向にモーターを回転させます。rotateとreverseを引数を変えるだけでこの関数1つで扱えます。trueであれば正転。falseであれば逆に回転します。

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor", {forward:0, back:1});

motor.move(true); // = motor.forward();

power(float)

モーターのパワーを変更します。0~100で指定することが出来ます。

// Javascript Example
var motor = obniz.wired("DCMotor", {forward:0, back:1});

motor.power(3);
motor.move(true);


Found at :