This website is available for multi language.

Wi-Fi MESH

obnizOS 3.5.0以降対応プラン契約が必要

obnizのデバイスが相互につながりWi-Fiネットワークを構築
Wi-Fiが届かない場所でもつながります。

利用申し込み / 見積もりを依頼

obnizのWi-Fi MESH とは

Wi-Fi MESHを使用すると、共通のMESH IDを設定したデバイス同士がWi-Fiで相互に繋がり、自動でWi-Fiエリアを拡大。
Wi-Fiが届かない場所や環境でも、Wi-Fiアクセスポイント(Wi-Fiルーター)の増設を行うことなく、obnizによるIoTサービスを構築できます。

obnizのWi-Fi MESH

地下など
Wi-Fiが入りにくい場所への設置

MESHネットワークでWi-Fiエリアを拡大。電波の届きにくい場所にもWi-Fiが届きます。

電波の届きにくい場所

アクセスポイントの接続台数に
制限がある場所への設置

Wi-Fi MESHを使えばアクセスポイント(AP)への接続はルートデバイスのみ。

アクセスポイントの接続台数に制限

デバイスが移動する または
Wi-Fi環境がよく変化する場所への設置

デバイスの移動先でメッシュネットワークを自動で構築します。

デバイスの移動/Wi-Fi環境の変化

Wi-Fi MESHの特徴

MESHネットワークは自動で構築

運用中のデバイスの追加も移動も、不意なデバイスの電源喪失、デバイスの取り外し・入れ替えの際も、メッシュネットワークは自動で再構築されます。

図は、デバイスCが故障した場合の自己回復の例を示しています。

MESHネットワークは自動で構築

設定が簡単IDを追加するだけでMESHを構築

同じMeshIDを持つデバイス(obniz)同士でMESHを構築します。Wi-Fi設定時に「MeshID」を追加するだけ、難しい設定は不要です。

管理が簡単クラウドから状態監視

obnizの管理画面で、メッシュネットワークの接続状態、アクセスポイントからの距離などを確認できます。

開発が簡単プログラムの変更は不要

通常のWi-Fi接続で運用していたデバイスも、プログラムはそのままにWi-Fi MESHに切り替えできます。

ドキュメントへ

よくあるご質問

できません。
obnizのWi-Fi MESHは、Wi-Fi MESHに対応しているバージョンのobnizOS(3.5.0以降)がインストールされているデバイスで利用可能です。ご利用にあたっては、Wi-Fi MESH接続用のプラン契約が必要です。詳しくはお問い合わせください。

いいえ。obnizのデバイスのみが接続できるWi-Fiが展開されますので、Wi-Fiのエリアを、obnizのデバイスが拡大しているわけではありません。

アクセスポイントからは1台のみが接続されているように見えます。
必要なIPも1つのみで、クラウドとの接続に必要なコネクション数も変更しません。ただし、通信量はデバイスが増えることで増加します。

レイヤー数*(ホップ数)は最大6まで、デバイスは最大100(ノード)まで対応可能です。

ただし、レイヤーが1つ下がるごとに理論上通信速度は半分となります。通信速度の低下によって時間当たりのビーコン取得量が減少することがあります。

*レイヤーとは:Rootノード(デバイス)をレイヤー1とした時、レイヤー1につながるノードはレイヤー2、レイヤー2につながるノードはレイヤー3...となります。 詳しくはドキュメントをご参照ください

すでにフィールドでの商用利用が行われております。詳しくはお問い合わせください。

ご利用に際して、個別お見積もりを承ります。
サービスに関するご質問、デモのご依頼などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

運用をサポートするobnizのその他サービス

施設管理 / オペレーション

obnizOS 3.5.0以降対応プラン契約が必要
施設管理 / オペレーション

大量のデバイスを施設に導入する際のキッティング・設置作業をサポートします。 施設管理 / オペレーションを使うと、クラウド上で、設置のオペレーションを一括作成し、Andorid端末(アプリ)を使って現地の設置作業の半自動化が可能です。

施設管理/オペレーションについて

ネットワーク設定の遠隔更新

obnizOS 3.5.0以降対応プラン契約が必要
ネットワーク設定の遠隔更新

遠隔地にあるオンラインのデバイスのネットワーク設定を、クラウドから書き込みできる機能です。
複数のデバイスのネットワーク設定の更新や、予備のネットワーク設定の追加など、現地に赴くことなく遠隔から対応できます。

ネットワーク設定の遠隔更新について