This website is available for multi language.

Temperature Sensor - SHT31

温度センサSHT31です。センサで取得した温度を知ることができます。

wired(obniz, {vcc , sda, scl, adr, gnd, addressmode} )

obniz Boardに温度センサをつなぎます。
0,1,2,3,4はそれぞれ温度センサの電源,SDA,SCL,GND,ADDRピンへ接続してください。
5はI2Cアドレスです。アドレスを0x44にする場合は4,0x45にする場合は5を入力してください。
ADDRピンをプルアップしている場合は0x45,プルダウンしている場合は0x44です。
秋月電子のモジュールキット(K-12125)を使用している場合のデフォルトは0x45です。

// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("SHT31", {vcc : 0, sda:1, scl:2, adr:3, gnd:4, addressmode:5});

[await] getTempWait()

現在の温度を計測して返します。単位は摂氏(°C)です。

[await] getHumdWait()

現在の湿度を計測して返します。単位は%です。

// Javascript Example
var sensor = obniz.wired("SHT31", {vcc : 0, sda:1, scl:2, adr:3, gnd:4, addressmode:5});
var temp = await sensor.getTempWait();
var humd = await sensor.getHumdWait();
console.log('temperature:' + temp);
console.log('humidity:' + humd);


Found at :




最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム