This website is available for multi language.

obniz Parts Library

Grove_DistanceSensor

GitHub
Grove_DistanceSensor
Usable Devices :
obniz_board
m5stickc

Grove_DistanceSensor

赤外線を利用した距離センサーです。
距離を電圧として出力するモジュールです。

photo of wired

wired(obniz, {[vcc, gnd, signal, grove]})

obnizデバイスと接続します。
黄線、赤線、黒線がそれぞれsignal、vcc、gndに対応します。

name type required default description
vcc number(obniz Board io) no   モジュールの場合はvcc, 単体の場合はHに接続します。別の電源につないでいる場合は指定する必要はありません。
gnd number(obniz Board io) no   モジュールの場合はgnd, 単体の場合はHに接続します。別の電源につないでいる場合は指定する必要はありません。
signal number(obniz Board io) no   signal 出力端子
grove object no   接続するデバイスにgroveがある場合に利用できます
// Javascript Example
let sensor = obniz.wired("Grove_DistanceSensor", {vcc:0, gnd:1, signal:2})

groveを持つデバイスでは、パラメータに{grove: obniz.grove0}を指定することで接続できます。

// Javascript Example
let sensor = obniz.wired("Grove_DistanceSensor", {grove: obniz.grove0});

start(callback(distance))

距離を継続的に計測します。距離に変化があれば関数が呼ばれます。
単位は"mm"でunit()関数で他のものに変更できます。

// Javascript Example
let sensor = obniz.wired("Grove_DistanceSensor", {grove: obniz.grove0});
sensor.start(function( distance ){
  console.log("distance " + distance + " mm")
})

[await] getWait()

一度だけ距離を測定します

// Javascript Example
let sensor = obniz.wired("Grove_DistanceSensor", {grove: obniz.grove0});

while (1) {
  var val = await sensor.getWait();
  console.log("distance " + val);
  await obniz.wait(1000);
}

unit(unit)

単位を変更します。

  1. "mm"(default)
  2. "inch"

が利用できます。

// Javascript Example
let sensor = obniz.wired("Grove_DistanceSensor", {grove: obniz.grove0});
sensor.unit("inch")
sensor.start(function( distance ){
  console.log("distance " + distance + " inch")
})

Supported from: obniz.js 3.7.0