This website is available for multi language.

Our Products

現実とコンピューター世界をつなぐデバイスやクラウドを提供しています。

obnizの利用方法

obnizを利用するにはobniz OSとライセンスをインストールしたデバイスが必要です。そのデバイスをインターネットに接続するだけでobniz Cloud経由での操作が可能となります。

ライセンス比較表

Basic ライセンス(obniz board付属) Hobby/Pro ライセンス(インストール)
ライセンス形態 Basic ライセンス(obniz board付属) Hobby/Pro ライセンス(インストール)
利用可能なデバイス

obnizクラウドに接続できる専用ボード

obniz board

市販のボードにobniz OSをインストール

other board
> デバイスの仕様比較表
プラン Basic Hobby Pro
料金
料金 5,980円
(obniz board自体に1 Basic ライセンス付属)
1,500円/年 500円/月
or 5,500円/年
クラウド経由の接続
クラウド経由の接続
ローカルコネクト
(同一ネットワーク内の接続)
ローカルコネクト
(同一ネットワーク内の接続)
端末-クラウド間の暗号化
端末-クラウド間の暗号化    
クラウド上の領域
クラウド上の領域 1 HTML
+5 MB
1 HTML
+5 MB
1 HTML
+5 MB
登録できるCloud Event数
登録できるCloud Event数 3つまで 3つまで 3つまで
商用利用
商用利用
他デバイスへの移管
他デバイスへの移管
1アカウントが保有できる最大ライセンス数
1アカウントが保有できる最大ライセンス数 Unlimited 100 Unlimited
購入方法
購入方法 > 取扱店一覧 お問い合わせ

obniz OSが利用できるデバイスの一覧

名称 obniz board M5 Stack Basic Dev-KitC ESP32-WROOM32
obniz board M5 Stack Basic Dev-KitC ESP32-WROOM32
クラウドとの通信規格 Wi-Fi (b/g/n 2.4G) Wi-Fi (b/g/n 2.4G) Wi-Fi (b/g/n 2.4G) Wi-Fi (b/g/n 2.4G)
電源 microUSB(5v) USBTypeC(5v) microUSB(5v) 2.2〜3.6v
バッテリー
(150mAh)
IOの電圧 5v/3.3v 3.3v 3.3v 3.3v
IOの数 12 15 21 21
モータードライバの数 12 0 0 0
その他アクセサリ ・OLEDディスプレイ
・スイッチ
・フルカラーディスプレイ
・Groveコネクタ
・スピーカ
・SDカードスロットル
   

obniz board

obniz-board

obniz クラウドと連携するプラットフォームデバイスで、電子部品を繋ぐだけでクラウド経由での操作が可能です。

  • Wi-Fi (b/g/n 2.4G)
  • 1Aまで流せる12のIO
  • GPIO/AD/UART/SPI/BLEなど
  • 1クラウドライセンス付き

obniz boardの仕様と特徴

obniz-board

¥5,980で今すぐ購入

obniz Cloudとは

obniz boardを管理するクラウドサービスで、デバイスの認証・管理、APIでのデバイスアクセスの提供、プログラム環境の提供を行っています。

obniz Cloudの仕様と特徴

IoT入門キット / AIテクノロジーキットあります。

必要なパーツは全て同梱されています。
Kitが届いたその日から、すぐにスタート!

オーダーメイドPoCキット

業務で実用可能なIoTを1つからオーダー。必要なパーツを選ぶだけでアプリとセットですぐ届きます。
コストを抑え、スピーディにPoCの実施が可能です。

オーダーメイドPoCキット

¥20,000〜今すぐ購入

AI Robot Kit

最新のAIテクノロジー入門キット。
「ディープラーニング」「機械学習」など、聞くだけで使ったことのないテクノロジーもこのキットであれば簡単に使えます。

> Ai Robot Kitの詳細を見る

AI Robot Kit

¥11,880 で今すぐ購入

IoT Home Kit

最新のIoT入門キット。
自宅の家電を遠隔で動かしたり、インターネットと連携させるなど、簡単にIoT化できます。

> IoT Home Kitの詳細を見る

IoT Home Kit

¥12,960で今すぐ購入

販売店一覧