This website is available for multi language.

あなたが作る!
30秒で動き出すIoT

難しくてできないも、細かくて膨大な準備にも、さようなら。
obniz(オブナイズ)があれば、プログラムからモーターやセンサーを自在に操作。
簡単な電子工作から高度なIoTまで、あなたの作りたいにこたえます。

5,537円(税別)から
obniz Boardの購入はこちら

昨日まで難しかったことも
obnizならかんたんに

コンパクトでパワフルな入門基板 obniz Board

obniz Board

はじめ方はかんたん

obniz Boardの電源を入れたら、Wi-Fiにつなぐだけ。QRコードにスマホをかざせば、あっという間に準備完了。

電子部品をつないで
電源を入れます

Wi-Fiにつなぎます

QRコードをスキャン
プログラムページから即実行!

パワフルなハードウェア

12のIO、全てにモータードライバー

どのIOにも、DCモーターを直に接続できるパワー設計。5Vで最大1Aの駆動能力があります。3.3Vへの切り替えもできるため、多くのモーターやセンサーをそのまま接続して動かすことができます。

過電流を保護

ショートやモーターの負荷が高くなると、自動的に電流を停止。過電流・加熱保護回路が入っている(*)ので、安全に作業できます(*5Vモードの場合)。 プログラムの実行画面にも「IO0が過電流です」とお知らせするので、原因がすぐわかります。

どんなプログラム言語でも動かせる

パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも
オンラインでいつでもどこでもプログラミング

ブロックプログラムでもAIとIoT

オンライン上のブロックプログラムエディタを開いてプログラミングをスタート。赤外線リモコンの操作や、人工知能を使った人物検出ロボットなど最新の技術も、用意されたブロックを並べるだけで実装できます。ブロックプログラムはそのまま、HTML/Javascriptに変換できるので、段階的にプログラミングを習得できます。

ブロックプログラムでもAIとIoT

HTMLとJavaScriptでUI連携

「ボタンを押したらモーターを回す」「PWMを操作して、指の位置に合わせてロボットの首を傾ける」「UARTでArduinoから受け取った文字をスマホに表示する」「センサーの値をグラフにして表示」など、JavaScriptとHTMLで書いたほんの数行のプログラムで、電子回路を、自由自在に操ることができます。

HTMLとJavaScriptでUI連携

Webサービスや各種ライブラリとの連携も
たった1つのプログラムで完結

データベースやAI、SNSと連携するための、NodejsやPythonの膨大なライブラリ。obnizなら1つのプログラムから、ライブラリと電子回路をつなぐことができます。ツイートされたらLEDを光らせたり、画像解析やディープラーニングなど、最新のAI機能をそのままロボットに追加することも簡単です。

Webサービスや各種ライブラリとの連携

はじめやすくて続けやすい 充実のサポート

オンラインレッスン

サイト上に、様々なレッスンや開発者ドキュメントを無料で公開。

レッスンドキュメント

パーツライブラリ

obnizで電子部品を扱うためのライブラリをオープンソースで公開。自由に使うことができます。

パーツライブラリ

フォーラム

obnizフォーラムでは、ユーザー同士や開発者と意見交換や質問ができます。

フォーラム

公式製作例

obnizを使った作品・製作例を公開。必要な材料や組み立て方、プログラムも無料で公開しています。

公式製作例

さぁ、はじめよう

クリックひとつで始まる新しい世界。
obnizが、あなたの「もっと作りたい」に応えます。

obniz Board

クラウドにすぐにつながる
obniz Board

obniz Board 商品詳細へ

電子部品・パーツショップでも販売しています。販売店一覧

ESP32

ESP32や類似構成のデバイスにobnizOSをインストール。

obnizOSについて

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム