This website is available for multi language.

obnizのはじめ方

step1

STEP1 デバイスの準備

obnizOSを利用できるデバイスを用意し、デバイスをインターネットに接続します。
「手持ちのデバイスにobnizOSをインストール」または「OSがインストールされたデバイスの購入」のいずれかの方法があります。

obnizOSをインストール

ESP32やESP32-WROOM32が搭載されたデバイスに、obnizOSを書き込んで利用する方法です。obniz Boardよりも安価なデバイスや高機能なデバイスを利用できます。

obnizOSのクイックスタートへ

obnizOSのインストールされたデバイスを購入

obnizOSがプリインストールされた開発ボードをご用意しています。インターネットに接続すれば、obniz Cloudを利用可能です。
公式ストアやAmazon、その他取扱店で購入可能です。

obnizオフィシャルストア

obnizの利用には、obnizOSのインストールされたデバイスと「クラウドのライセンス」が必要です。
クラウドライセンスの料金体系は、クラウド料金体系をご確認ください。

step2

STEP2 操作したい電子回路を接続

センサーやアクチュエーター、既存の機器など、操作したい電子部品や機器を、用意したデバイスに接続します。

操作したい電子回路を接続

step3

STEP3 クラウド経由で使う

For Developers:
オリジナルのソフトウェアを開発

HTML/Nodejs、Python、WebsocketAPIの利用など、お好きな言語や方法でソフトウェアの開発が可能です。言語別のレッスンもご活用ください。 また、obnizの開発者コンソールには、オンラインエディタブロックプログラムエディタ(※)を用意しています。開発環境の構築は不要で、すぐにプログラムを作成・実行できます。
※利用にはHobbyまたはProライセンスが必要です。

For Everyone:
便利なWebApp

温度をグラフ化する、遠隔操作するなど、プログラミングなしですぐに使える、便利なアプリを多数用意しています。

Get obniz WebApp

Learn More

開発者ドキュメント

obnizの基本的な概念や仕様を解説。

Read Doc

レッスン

各製品と言語向けのレッスンを用意しています。

Go to Lesson

パーツライブラリ

JavaScriptやPythonのSDKパーツライブラリ。

Parts Library for obniz

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム