This website is available for multi language.

obnizのはじめ方

step1

STEP1 デバイスの準備

公式デバイスの購入、または手持ちのデバイスにobnizOSをインストールのいずれかの方法があります。

公式デバイスを購入

インターネットに接続すれば、すぐにプログラムが可能です。アカウントへの登録(無料)でobniz Cloudの各機能が利用可能です。
公式ストアやAmazon、その他取扱店で購入可能です。

obnizオフィシャルストア

お持ちのデバイスにobnizOSをインストール

ESP32やESP32-WROOM32が搭載されたデバイスに、obnizOSを書き込んで利用する方法です。obniz Boardよりも安価なデバイスや高機能なデバイスを利用できます。

obnizOSのクイックスタートへ

step2

STEP2 操作したい電子回路を接続

センサーやアクチュエーター、既存の機器など、操作したい電子部品や機器を、用意したデバイスに接続します。

操作したい電子回路を接続

step3

STEP3 クラウド経由で使う

For Developers:
オリジナルのソフトウェアを開発

HTML/Nodejs、Python、WebsocketAPIの利用など、お好きな言語や方法でソフトウェアの開発が可能です。言語別のレッスンもご活用ください。 また、obnizの開発者コンソールには、オンラインエディタブロックプログラムエディタ(※)を用意しています。開発環境の構築は不要で、すぐにプログラムを作成・実行できます。

For Everyone:
便利なWebApp

温度をグラフ化する、遠隔操作するなど、プログラミングなしですぐに使える、便利なアプリを多数用意しています。

Get obniz WebApp

Learn More

開発者ドキュメント

obnizの基本的な概念や仕様を解説。

Read Doc

レッスン

各製品と言語向けのレッスンを用意しています。

Go to Lesson

パーツライブラリ

JavaScriptやPythonのSDKパーツライブラリ。

Parts Library for obniz