This website is available for multi language.

Protocol TCP

デバイスからデバイスが繋がれているネットワーク経由でTCPのコネクションを作成します。
TCPは8本利用可能です。
tcp0からtcp7までが利用できます。

// Javascript Example

var tcp = obniz.getFreeTcp();
await tcp.connectWait(80, "obniz.io");
const request = ""
    + "GET / HTTP/1.1\r\n"
    + "Host: obniz.io\r\n"
    + "Accept: */*\r\n"
    + "Connection: close\r\n\r\n";
tcp.write(request)

obniz.repeat(async()=>{
    let data = await tcp.readWait();
    console.log(dataArray2string(data));
}, 1)

function dataArray2string(data) {
    let result = '';
    for (let n of data) {
        result += String.fromCharCode(n);
    }
    return result;
}

obniz.getFreeTcp()

デバイスが利用していないTCPモジュールを取得します。
TCPはtcp0〜tcp7の8つが利用できますが、
この関数を呼ぶことで利用中でないTCPを取得することが出来ます。

// Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();

もし利用できるTCPがない場合は例外が発生しプログラムは停止します。

// Example
var tcp0 = obniz.getFreeTcp();
var tcp1 = obniz.getFreeTcp();
var tcp2 = obniz.getFreeTcp();
var tcp3 = obniz.getFreeTcp();
var tcp4 = obniz.getFreeTcp();
var tcp5 = obniz.getFreeTcp();
var tcp6 = obniz.getFreeTcp();
var tcp7 = obniz.getFreeTcp();
var tcp8 = obniz.getFreeTcp(); // Error

connectWait(port, domain)

TCPを指定したポートとドメインでコネクションを開始します。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

write(data)

引数のデータをTCPで送信します。

文字列かArray型の引数を渡すとデータを送信します。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

// Array
tcp.write([0,1,2,3,4]);

// Text
tcp.write('hello');

readWait

TCPの受信を待ちます。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

let data = await tcp.readWait();
console.log(data);

onreceive

TCPの受信があったらコールバック関数を呼び出します。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

tcp.onreceive = data => {
    console.log(data);
};

onconnection

TCPの接続状況に変化があるとコールバック関数を呼び出します。

  • true : 接続
  • false : 切断
// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();

tcp.onconnection = data => {
    console.log(data);
};
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

onerror

接続の時に発生したエラーのメッセージを取得することができます。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.connectWait(80,"obniz.io");

tcp.onerror = state => {
    console.log(state);
};

end();

TCPのセッションを終了します。

// Javascript Example
var tcp = obniz.getFreeTcp();
tcp.end();

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム