This website is available for multi language.

Switch

obniz Board組み込みスイッチの使い方です

switch.onchange = function(){}

スイッチの状態が変更されたときのコールバックです.
もしスイッチを押して,離した場合,"push" と "none"の2回呼ばれます.

状態は下記4つです

  1. none
  2. push
  3. left
  4. right
// Javascript Example
obniz.display.clear();
obniz.switch.onchange = function(state) {
  if (state === "push") {
    obniz.display.print("Pushing");
  } else {
    obniz.display.clear();
  }
}

[await] switch.getWait()

現在のスイッチの状態を取得します

// Javascript Example
obniz.display.clear();
var state = await obniz.switch.getWait();
if (state === "push") {
  obniz.display.print("Now Pressed");
}

[await] switch.stateWait(state)

スイッチがstateの状態になるまで待ちます.

// Javascript Example
await obniz.switch.stateWait("push"); 
console.log("switch pushed");

await obniz.switch.stateWait("left"); 
console.log("switch left");

await obniz.switch.stateWait("right"); 
console.log("switch right");

await obniz.switch.stateWait("none"); 
console.log("switch none");

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム