This website is available for multi language.

Peripherals SPI

General Purpose SPIです。spi0, spi1の2つが利用できます。

obniz.getFreeSpi()

未使用のSPIを返します。

var spi = obniz.getFreeSpi();

もし利用可能なものがなければErrorとなります。

var spi0 = obniz.getFreeSpi();
var spi1 = obniz.getFreeSpi();
var spi2 = obniz.getFreeSpi(); // Error

start({mode, clk, mosi, miso, frequency [, drive, pull, gnd]});

spiをスタートさせます。
modeは"master"のみに対応しています。

driveとpullは出力設定オプションです.
何も指定しなければ,drive:5v, pull:nullが設定されます.
出力設定についてはobniz.io.drive() と pull() 関数に詳細があります.

// Javascript Example
obniz.spi0.start({mode:"master", clk :0, mosi:1, miso:2, frequency:1000000}); 
var ret = await obniz.spi0.writeWait([0x12, 0x98]);
console.log("received: "+ret);

// drive and pull is optional
obniz.spi0.start({mode:"master", clk :0, mosi:1, miso:2, frequency:1000000, drive: "5v", pull:null}); 

[await] writeWait(data);

spiにデータを送信します。
spiは送信したデータの分だけ受信します。受信したデータは返り値として返ってきます。
最大1024byteです。

// Javascript Example
obniz.spi0.start({mode:"master", clk :0, mosi:1, miso:2, frequency:1000000}); 
var ret = await obniz.spi0.writeWait([0x12, 0x98]);
console.log("received: "+ret);

write(data);

SPIにデータを送信します。受信は行いません。
最大1024byteです。

// Javascript Example
obniz.spi0.start({mode:"master", clk :0, mosi:1, miso:2, frequency:1000000}); 
obniz.spi0.write([0x12, 0x98]);

end();

spiを終了します

// Javascript Example
obniz.spi0.start({mode:"master", clk :0, mosi:1, miso:2, frequency:1000000}); 
obniz.spi0.write([0x12, 0x98]);
obniz.spi0.end();

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム