This website is available for multi language.

セキュリティの設定をする

security.setModeLevel(mode, level)

BLEの仕様に基づいたセキュリティを設定します。(Core Spec 4.2 Vol.3 Part.C 10)
setIndicateSecurityLevelsetAuthsetEnableKeyTypesを一括で設定します

  • LE Security Mode 1

    • Level 1 – No security. No authentication and no encryption.
    • Level 2 – Unauthenticated pairing with encryption.
    • Level 3 – Authenticated pairing with encryption.
    • Level 4 – Authenticated Secure Connections pairing with encryption.
  • LE Security Mode 2

    • Level 1 – Unauthenticated pairing with data signing.
    • Level 2 – Authenticated pairing with data signing. (Mode 2 is only used for connection-based data signing.)

現状、対応しているのは Mode1 level1,2 のみです。

セキュリティの設定は1度しかできません。
再度設定しようとすると、security.onerrorが呼ばれます。
設定を変更するためにはobniz Boardの再起動が必要です。


obniz.ble.security.onerror = function() {
    console.error('security set params error');
    obniz.reboot();
};
security.setModeLevel(1, 2); //LE Security Mode 1, Level 2

security.setIndicateSecurityLevel(level)

ペアリング要求時のセキュリティレベルを設定します。
0の場合、ペアリング要求を行いません

obniz.ble.security.setEncryptionLevel(1);

security.setAuth([auth_type1, auth_type2 ...])

認証の設定をします

引数で設定できる認証のパラメータは下記の通りです
複数書くことができます。

  • bonding
    ボンディング/ペアリングを行う
  • mitm
    man-in-the-middle認証(未対応)
  • secure_connection
obniz.ble.security.setAuth(['bonding']);
obniz.ble.security.setAuth(['bonding','mitm','secure_connection']);

security.setEnableKeyTypes([key_type1, key_type2 ...])

認証に使うキーの設定をします

引数で設定できる認証のパラメータは下記の通りです
複数書くことができます。

  • LTK

    Long-Term Key。ペアリング認証に使うためのキー
  • IRK
    Identity Resolving Key。固有のデバイスを認識するためのキー
  • CSRK
    Connection Signature Resolving Key。署名に使用するキー

認証キーの設定は1度しかできません。
再度設定しようとすると、security.onerrorが呼ばれます。
設定変更するためにはobniz Boardの再起動が必要です。


obniz.ble.security.onerror = function() {
    console.error('security set params error');
    obniz.reboot();
};

obniz.ble.security.setEnableKeyTypes(['IRK', 'LTK']);

security.setKeyMaxSize(num)

security.onerror(param)

エラーが発生したときに呼ばれます
現状、発生しうるエラーはsecurity.setEnableKeyTypesが失敗したときのみです。


obniz.ble.security.onerror = function() {
    console.error('security set params error');
    obniz.reboot();
};

obniz.ble.security.setEnableKeyTypes(['IRK', 'LTK']);

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム