This website is available for multi language.

Document

obnizのハードウェアやクラウドの仕様や特徴について

obnizとは

obnizは現実の世界をソフトウェアで制御できるようになるシステムです。
obnizは以下のものを提供しています。

  • プラットフォームデバイス
    obniz Cloudと連携し、電子部品とつながるハードウェア。
  • obniz Cloud
    デバイスやユーザーとAPIでつながり、また各種サービスを提供するサーバー。
  • SDK
    obniz CloudのAPIを便利に利用するための各言語向けのSDK。

プラットフォームデバイスにはモーターやセンサーなど電気で動く電子部品をつなぐことができます。
プラットフォームデバイスはネットワーク経由でobniz Cloudと繋がります(obniz boardの場合はWi-Fi経由です)。
すると、つながれたモーターやセンサーはクラウド上のAPIを操作するだけで各プログラム言語から遠隔で利用できるようになります。
SDKは各プログラム言語でクラウド上のAPIを便利に使えるようにし、まるでプログラムの文章の中に現実世界のものがあるかのようなプログラムを可能にします。

JavaScriptでもIoT

obnizと組み合わせる効果が最も高いのはjavascriptです。
クラウド上ではHTMLプログラム環境もオンラインで提供しているため、ページを開くだけですぐにHTMLとJavaScriptを使ったIoTプログラムができます。

obniz.jsというsdkを使えばobnizのidだけでプラットフォームデバイスにつなぎ、そのIOや繋がれた電子部品はJavaScriptのオブジェクトとして書くことができます。
プラットフォームデバイスが世界中のどこにあろうと、何台あろうとも関係ありません。
今まで難しかったハードウェアとブラウザ上のUIとの連携も簡単にできるため、ボタンからUARTを出したり、グラフ化することも簡単です。
また、Nodejsならdatabaseとつないだり、SNSと連携することも簡単です。

<script src="https://unpkg.com/obniz/obniz.js"></script>

<button id="button">LED ON</button>
<script>
var obniz = new Obniz("1234-5678");
obniz.onconnect = async function(){
  var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});
  $("#on").on("click",function(){
   led.on();
 });
}
</script>

直感的な操作で簡単、ブロックプログラミング

SDKを使い各言語で開発する以外にも、obnizのクラウド上ならブロックプログラムも可能です。

プログラミングやキーボード操作が初めてでもブロックプログラムなら用意されてるブロックを選んで並べるだけの簡単な操作で、プログラムが可能です。
obnizのブロックプログラムなら「顔検出」「今日の天気」といったAIプログラムや「赤外線リモコン」などもブロックとして用意しています。さらにブロックはJavaScriptに変換できるので、その後のステップアップも簡単です。

Learn more:

obniz クラウド
obniz Cloud
ユーザー作成/イベント設定のドキュメントです。
WebSocket API
WebSocket APIに関して
obniz board
obniz board
ハードウェアとしての仕様です。IOの仕様やサイズなどを知ることができます。
パーツライブラリ
SDK パーツライブラリ
プラットフォームデバイス(obniz ボード)につなげたLEDなどの部品を制御するライブラリです。
サポートコンテンツ
Example
プラットフォームデバイス(obniz ボード)を使って製作、実現できる事例と実装方法の紹介です。
Lesson
obnizの始め方や操作方法をチュートリアル形式で紹介しています。中級者向けのステップアップコンテンツもご用意しています。