This website is available for multi language.

利用開始の手順

このページではobnizOSを対応デバイスに入れて利用する方法を紹介します。インストールなどもせずにすぐにobniz試したい方はobniz Boardを検討ください。

obnizOSでobnizを利用するには以下の手順となります。

1. obnizOSがインストールできるデバイスの用意

obnizOSはESP32-WROOM32とその類似製品で動作可能です。
以下のようなプロセッサーやそれを搭載したモジュールにobnizOSをインストールして利用できます。

  • ESP32-WROOM32
  • ESP32-WROVER
  • ESP32-PICO-D4
  • ESP32-DevKitC
  • ESPDuino
  • M5Stack
  • M5StickC
  • Others,,

それぞれAmazonや正規代理店などで購入可能です。

2. ライセンスとデバイスキーの購入

クラウド上にメールアドレスなどを利用してアカウントを作成します。また、ライセンスを購入する上でクレジットカードが必要となります。

クラウドアカウントについて

次に、必要なライセンスをクラウドから購入します。obnizOS用の購入の流れは以下

obnizOS用にライセンスを購入

3. obnizOSのインストールとデバイスキーの設定

ライセンス購入時に発行したデバイスキーとobnizOSを実際にデバイスに書き込みます。

OSは公開されているものを書き込むのみで、あとはデバイスキーの書き込みとなります。Wi-Fi設定方法についても以下に載っていますのでこの段階でデバイスはobniz Cloudに接続済みです。

OSインストール

obnizを利用しよう

あなたのデバイスはidを元にクラウドから利用可能になっています。

現在obniz Board用のみですが、レッスンが無料で公開されています。HTMLからの利用方法、ブロックプログラムからの利用法など参考に開発を行ってください。

レッスン一覧

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム