This website is available for multi language.

概要

obnizOS(オブナイズ オーエス)はデバイス上で動作するソフトウェアです。obniz Cloudと連携しAPI経由でのデバイスIO操作を可能にします。

また、実際にクラウドから利用するにはOSのインストールの他にデバイスキーの設定とライセンスの追加が必要となります。

利用までの手順は 入手とインストール を御覧ください。

動作対象

obnizOSには大きく分けて以下の種類があります。

  • obnizOS for obniz Board
  • obnizOS (for ESP32, and etc)

obnizOS for obniz Board

obniz BoardはobnizOSとデバイスキーが書き込まれた状態で販売されており、更にクラウドのライセンスが付属しているためWi-Fiなどに接続するだけですぐに利用できます。
obniz Board用のOSは配布されておらず、同じESP32プロセッサを使っていてもobniz Board専用にカスタマイズされているためこのOSをESP32に書き込んでも利用することはできません。

obnizOS (for ESP32, and etc)

"obnizOS"と呼ぶ場合は主にこちらを指します。obnizOSは、各プロセッサ用、例えばESP32(ESP32-WROOM32やESP32-PICO)用であればESP32で動作するように作成されているバイナリで、無料で公開されています。
obnizOS for ESP32をダウンロードし、ESP32-WROOM32やそれの乗っているDev-KitC、または類似設計であるM5Stackなどにインストールして利用することができます。

ESP32ではWi-Fiまたはイーサネット(有線LAN)でのクラウド接続が可能です。

ESP32-WROOM32やESP32-PICOなどを利用すればモジュールでobnizが利用できるため、製品などへの組み込み、またはそれを利用した安価の開発ボードをobnizで利用、センサーなどが搭載されている高機能な開発ボードでの利用が可能となります。

共通の仕組みを多く利用していますが、このセクションではobniz Board用ではなく、配布されているobnizOSのインストール方法などについて記載しています。

利用手順

詳しくはクイックスタートを御覧ください。

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム