This website is available for multi language.

Document

obnizのハードウェアやクラウドの仕様や特徴について


デバイス管理

プラットフォームデバイスををクラウド上で管理。
アカウント作成後、コンソール内のデバイス管理よりアクセスできます。

デバイスに対する設定はobnizを"所有"していることを証明することでアカウントに追加したあとに行なえます。

obnizに対して行える設定は以下のとおりです。

  • 接続用のアクセストークンの発行と失効
  • ファームウェアの更新
  • リージョンの変更

アクセストークン

アクセストークンを設定しない限りobnizのAPIはobniz idさえ分かれば誰からでもアクセスできるようになっています。
ランダムに生成されるアクセストークンという文字列をセットすることでアクセス制限可能です。
アクセストークンはその後に削除することも可能です。

ファームウェアUpdate

obnizのファームウェアは随時更新されます。インターネット経由で更新が可能で、この機能はOTAと呼ばれています。
ファームウェアを変更したいときは、まずobnizをオンラインにしコンソール画面で書き込みたいバージョンを選択し「Install」ボタンを押します。
(ダウングレードする場合はOTAをOFFにしてから行って下さい。)

"自動OTA"も利用可能です。デフォルトではOFFとなっています。
設定画面で有効にしておくことで、新しいバージョンがでた時に自動的にインストールすることが出来ます。
* 注意! obniz.jsはそれと同じかそれよりも古いバージョンのファームウェアをもつobnizとしかつかうことが出来ません。ファームウェアを更新した際はobniz.jsのアプデートも必要です *

リージョン

obniz Cloudは複数のリージョンでクラウドサービスを提供しています。現在利用可能なのは以下の2つです。

  1. East Asia
  2. North America

近いリージョンを選ぶことでネットワークレイテンシーを改善できます。