This website is available for multi language.

電源

obniz Board 1Yは2つの方法で給電できます。

  1. USB TypeCより
  2. 電源ピン(向かって右下裏側に設置)より

稼働可能な電圧範囲はスペックをご覧ください。

電源ピン

電源ピンは基板の裏側に隠れて設置されているピンで、3本のピンがあります。

+と-はUSBと電源ラインを共有しています。
なので、USBの代わりにこの電源ピンから電源を供給したり、逆にUSBの電流をここから取り出すことができます。

3.3vはobniz Board 1Yの中で生成されている電圧で出力のみ可能です。最大電流は1Aですが、obniz Board 1Yと共有のため、推奨は500mA以下となります。

基板上の表示 入力 出力
+ スペック記載の電源電圧範囲 5v(USBに入力されている電圧と同じ)
3.3v できません 3.3v
- スペック記載の電源電圧範囲 0v(USBに入力されている電圧と同じ)

最短で翌日に届きます

obniz BoardはAmazonや公式ストアから購入できます。最短で当日出荷いたします。
取り扱い店舗はこちらから。

製品紹介

フォーラム

obnizフォーラムでは、obnizユーザー同士で意見交換することができます。
疑問・質問もお気軽にどうぞ。

フォーラム

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせや、導入・開発のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム