遠隔餌やりマシーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

How it works

外出先から餌をあげたければ、こんなのはどうでしょう。
スマホでページを開いてボタンを押すだけ!

用意するもの

  1. obniz – 1
  2. バッテリーかACアダプタ & cable – 1
  3. スクリューとパイプ
  4. サーボモーター (無限回転タイプ) – 1
  5. 餌 – 多いほど良い

Step 1

パイプをカットし、スクリューをセットします。
スクリューは3Dプリンタで出せます。今回作ったデータはこちら http://obniz.io/images/cookbook_3.stl
組み立てて箱に入れましょう。

Step 2

obnizにモーターをつなぎます。
例えば

  1. io0: GND,
  2. io1: VCC,
  3. io2: signal

そしてobnizの電源も入れましょう

Step 3

プログラムを書いたら開いて実行してみましょう。
これで外出先でもどこからでも餌をあげられます!

Program

<!-- HTML Example -->
<!DOCTYPE html>
<html>
<head> 
  <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js" crossorigin="anonymous"></script>
  
  <script src="https://unpkg.com/obniz@1.9.1/obniz.js"></script>
</head>
 
<body>
  <div id="obniz-debug"></div>
  <br>
  <div class="text-center">
    <h1> Pet Feeder </h1>
  </div>
  
  <button id="meal">Feeding</button>
  <div id="dispMeal"></div>
 
<script>
 
function getTime(){
  var dateTime=new Date();
  var hour = dateTime.getHours();
  var minute = dateTime.getMinutes();
  return hour + ":" + minute;
}
 
/* This will be over written on obniz.io webapp page */
var obniz = new Obniz("OBNIZ_ID_HERE");
 
obniz.onconnect = async function () {
  var numberOfMeal = 0;
  var lastTimeMeal;
  $("#dispMeal").text("Number of feeding : "+numberOfMeal)
  var servo = obniz.wired("ServoMotor", {gnd:0, vcc:1, signal:2});
 
  $("#meal").click(async function(){
    numberOfMeal++;
    lastTimeMeal = getTime();
    $("#dispMeal").text("Number of feeding : "+numberOfMeal+", The last time : "+lastTimeMeal)
    servo.angle(0.0);
    await obniz.wait(10000);
    servo.angle(6.9);
  })
}
    
</script>
</body>
</html>

今すぐ実行

HTMLがブラウザで開かれて実行されます。