概要

obnizOS(オブナイズ オーエス)はデバイス上で動作するソフトウェアです。obniz Cloudと連携しAPI経由でのデバイスIO操作を可能にします。

また、実際にクラウドから利用するにはOSのインストールの他にデバイスキーの設定とライセンスの追加が必要となります。

利用までの手順は 入手とインストール を御覧ください。

動作対象

obnizOSには大きく分けて以下の種類があります。

  • obnizOS for obniz Board
  • obnizOS (for ESP32, and etc)

obnizOS for obniz Board

obniz BoardはobnizOSとデバイスキーが書き込まれた状態で販売されており、更にクラウドのライセンスが付属しているためWi-Fiなどに接続するだけですぐに利用できます。
obniz Board用のOSは配布されておらず、同じESP32プロセッサを使っていてもobniz Board専用にカスタマイズされているためこのOSをESP32に書き込んでも利用することはできません。

obnizOS (for ESP32, and etc)

"obnizOS"と呼ぶ場合は主にこちらを指します。obnizOSは、各プロセッサ用、例えばESP32(ESP32-WROOM32に準ずる構成のもの)用であればESP32で動作するように作成されているバイナリで、無料で公開されています。
obnizOS for ESP32をダウンロードし、ESP32-WROOM32やそれの乗っているDev-KitC、または類似設計であるM5Stackなどにインストールして利用することができます。

ESP32-WROOM32やESP32-PICOなどを利用すればモジュールでobnizが利用できるため、製品などへの組み込み、またはそれを利用した安価の開発ボードをobnizで利用、センサーなどが搭載されている高機能な開発ボードでの利用が可能となります。

共通の仕組みを多く利用していますが、このセクションではobniz Board用ではなく、配布されているobnizOSのインストール方法などについて記載しています。

利用手順

詳しくはクイックスタートを御覧ください。

You will Get in Few Days

Circuit for Starter “obniz Board” is available on Amazon and other online stores.
You can get it at below

Our products and resellers

Forum

Visit our developer’s forum to discuss and discover technologies.

Forum

Contact

Feel free to contact out support and technical team.

Contact us