OTA from the Cloud

作成したプラグインは「プラグイン搭載のobnizOS(プラグインOS)」としてクラウドに登録し、クラウドからデバイスにインターネット経由で書き込むことができます。

  1. クラウドに登録しキーを生成
  2. キーをプラグインのプログラム内に設定しビルド
  3. ビルドしたプラグインOSを再度クラウドに登録
  4. デバイス管理よりデバイスに対してOTAで書き込み

詳しくは以下をご覧ください。

Plugin OTA