Getting Start

Arduinoでプログラムをかいてみましょう。
obnizOSを動かしながら一番シンプルなLチカをおこないます。

DevKitCで行った場合のサンプルプログラムを用意しました。
12ピンにLEDのアノード(足の長いほう)をつなぎ、GNDにLEDのカソード(足の短いほう)をつないでください。

#include <obniz.h>
void setup() {
  Serial.begin(115200);
  obniz.start();
  pinMode(12, OUTPUT);
}
void loop() {
  digitalWrite(12, HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(12, LOW);
  delay(500);
}

このコードを環境構築ずみのArduinoIDEでESP32のボードに書き込んでみましょう。

LEDがチカチカすることを確認できたでしょうか?

今回使用していませんが、obniz.js側からは12番ピンを制御することはできません。これは意図していないタイミングでobnizOSによりリセットが行われ制御不能にならないようにするためです。

意図的に開放することもできるので、詳細はドキュメントをご覧ください。