準備物と組み立て

IoTの世界へようこそ!
キットの中にはIoTホームキットを組み立てるための部品が入っています。

IoT Home Kitの内容物
キットの内容物
  • ダンボール×3
  • サーボモーター
  • サーボモーターのコネクタ
  • 赤外線モジュール
  • 各種ねじ
  • 距離センサー
  • 距離センサーのケーブル
  • マイクロUSBケーブル(※)
  • obniz Board(※)

※BoardなしKitには、USBケーブルとobniz Boardは同梱されていません。

 

その他 準備の必要なもの

キットの他に、スマートフォンとモバイルバッテリー、両面テープ、プラスドライバー、Wi-Fi環境が必要です。

必要なもの

Step0. obniz BoardをWi-Fiにつなぐ

まずは、obniz BoardをWi-Fiに接続します。
obniz Boardの起動方法、Wi-Fiへの接続設定の方法は、クイックスタートをご確認ください。

Step1. 不要な部分を取り除く

不要な部分を取り除く

Step2. サーボモーターと距離センサーを取り付ける

取り付けイメージ

サーボモーターの取り付け方

まずはサーボモーターから取り付けます。
ネジとワッシャー2個、六角ボルトを使って、左右2カ所固定します。

次に距離センサーを取り付けます。
ネジとワッシャー1個、六角ボルトを使って、左右2カ所固定します。

Step3. 本体の組み立て

全ての折り線を谷折りにし、組み立てていきます。
全てのケーブルが最終的に天面から外に出るようにします。

Step4. ダンボールパーツと旗の取り付け

ダンボールのパーツを天面に取り付けます。
obniz Boardの設置場所になります。

サーボモーターにパーツと旗を取り付けます。

取り付け方

Step5. obniz Boardの取り付け

サーボモーターと距離センサー、赤外線モジュールをobniz Boardにつなぎます。
ピンを挿す位置(順番)に注意してください。

obniz Boardの取り付け