Cloud Console

obnizをクラウドで管理

console

ユーザー登録後に所有したobnizの管理画面より操作できます。

マイページ

Firmware Update

obnizのファームウェアは随時更新されます。インターネット経由で更新が可能で、この機能はOTAと呼ばれています。
ファームウェアを変更したいときは、まずobnizをオンラインにしコンソール画面で書き込みたいバージョンを選択し「Install」ボタンを押します。
(ダウングレードする場合はOTAをOFFにしてから行って下さい。)

"自動OTA"も利用可能です。デフォルトではOFFとなっています。
設定画面で有効にしておくことで、新しいバージョンがでた時に自動的にインストールすることが出来ます。
* 注意! obniz.jsはそれと同じかそれよりも古いバージョンのファームウェアをもつobnizとしかつかうことが出来ません。ファームウェアを更新した際はobniz.jsのアプデートも必要です *

リージョン

obniz cloudは複数のリージョンでクラウドサービスを提供しています。現在利用可能なのは以下の2つです。

  1. East Asia
  2. North America

近いリージョンを選ぶことでネットワークレイテンシーを改善できます。

API Key

設定しない限りobnizのAPIは誰からでもアクセスできるようになっています。
API keyをセットすることでアクセス制限可能です。
API keyはその後に削除したり再生することもできます。